1. Home
  2. /
  3. 作品例と作り方
  4. /
  5. オフ白とホワイトの違いとおすすめ用途

手芸屋さんで見るより分かりやすい総合カタログ

オフ白とホワイトの違いとおすすめ用途

オフ白とホワイトの違い


どうも、生地のマルイシ店長です

オフ白とホワイトの違いは、白度の違い

当店のオフ白は少し生成りがかった白で

ホワイトは青みのあるより白度の高い白です

ホワイトは清潔感を出したい時に
オフ白は優しい白を使いたい時に

綿ポリダンガリーホワイトは蛍光灯と太陽光
で見え方が全く違ってきます

外で見るとホワイトは

家の中でみるよりもさらに白く見えます



これは白をより白くする為に蛍光晒
という手法を使っており、蛍光増白剤は
紫外線を吸収して青く発色する性質を
持っています

オフ白とホワイトの違い
紫外線ライトを照射すると青く発色します



蛍光灯も太陽光の1/1000程度の紫外線を
発していますが、太陽光と比べるとオフ白
との違いがないように見えると思います

それぞれの使い分けですがマスクを作りたい、真っ白なシーツをつくりたい、清潔感あるものをつくりたい、と言う方にはホワイトをおすすめしています

医療現場で使われているのも蛍光晒の青系の白が多いです

オフ白はシャツやカジュアルなものに使いたい方におすすめしています

アンミカさんが「白って200色あんねん」
と某番組でおっしゃっていたのがバズって
ましたが、本当に一口に白と言ってもいろんな
白があります

いまの流行りで
嫌われがちな蛍光晒ホワイトさん
色は良いか悪いかで考えがちですが
それぞれ使うシーンによって良い悪いの
基準は変わってくるので清潔感を出したい
時は綿ポリダンガリーのホワイトのことを
思い出していただけたらなと思います

よろしくお願いいたします!!

(Visited 1 times, 88 visits today)

役に立った!と思われましたらぜひ、縫いナビby丸石織物をシェアしてくださいね。

ABOUT US

maruishi
生地メーカー(有)丸石織物の専務と生地の通販丸石織物の店長をやっています。洋裁をもっと気軽に楽しんでほしい、と常々思っていて、そういう生地を作っています。水通し不要でシワに強くて縫いやすく、切り屑が少ない綿ポリダンガリーが代表作。縫いナビでは生地の知識について執筆します。